100均、100円ショップで検索された方に。
あまりにご要望が多いので、こちらに専門サイトを作成しました。

ご活用ください。 ⇒100均 ガイド

2018年01月10日

実写版 鋼の錬金術師を見たよ

いろいろな意味で話題だった

実写版「鋼の錬金術師」

公開されてもう一か月ほどになるわけですが、

今だちゃんと上映されているということは、

そこそこの動員数があるのですね、すごい。

ってことで

配布される特典もお目当てだったのですが
(0巻ってやつですwww)

haga1.jpg

行ってきましたー!



さすがに池袋の映画館では特典終わっていたようですが、

新宿ではまだ数か所配布しているところがありますよ、チェックです。

で。

正直実写版ではがっかりすることも多いのでその点も含め、覚悟してみたのですが。

あれ?

まず感じたのは原作内容へのかなりの忠実性とリスペクト。

最初はこのゆっくりしたストーリー展開でいいの?と思うくらい。

まあ、もともとの設定が「日本人じゃ無理でしょ」ワールドなわけで

日本人顔した子供がちょっくら金髪なくらいは脳内のアドレナリン総動員で適当に展開修正。

鎧のアルフォンスはとにかく原作から飛び出したかのようだし、

なにより、




ラスト役の松雪泰子さん




には、1回 5,000円払っても惜しくないほどの完成度

なので

文句言っている暇があったら大画面で松雪さん見て。

写真自体がすごかったけど、大画面で動くと、
色っぽくて胸元素敵で、
刺青が陳腐に見えちゃうくらいだから!


何がいいたいかというと、

今大人の映画観賞券は何の割引もなければ1800円。

この映画は、松雪さんだけでも5,000円の価値があるので、

問題なし。



またマスタング大佐ですが、主役2人に焦点を絞った描き方のため、

コミカルな部分は表現をカットされています。

なので、かっこいいだけのマスタングならこの俳優さんの配役はぴったりだったのじゃないでしょうか。

むしろ、タッカーさんがなぁ。

どうしても大泉洋だった・・・。
どうしても・・・(笑)

もったいないなぁ、ぴったりすぎる俳優さんがいただけに本当にもったいない。

大泉洋さんは強すぎるのよいろいろな意味でwww


とにかくまだご覧になっていない方、ぜひ、大画面で!

追記:
実写版ハガレンの上演決定のおかげで原作の展示会が開かれたり、
アニメがCSで全話放送されたり、
新しいグッズ展開があったりと
原作好きにも本当に、本当に大変おいしい展開でした。

ありがとう・・・(天に向かって)

そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画をみたよ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182095031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Powered by さくらのブログ