100均、100円ショップで検索された方に。
あまりにご要望が多いので、こちらに専門サイトを作成しました。

ご活用ください。 ⇒100均 ガイド

2011年04月21日

埼京線 女性は気を付けろ!!!

今日は埼京線の混雑について。

私の少ない経験と友人の数多い経験をもとに体験して実感したことを告白☆
女性の方は是非ご覧あれ



1.ねらい目は朝のラッシュアワー
朝の埼京線、大体8時から9時までをピークにピクリとも動けないほど込み合う。
女性にとって困った方たち活動も必然的にここが一番活発になる。

2.車両は1両目(両端……最近は女性専用になっていることもあるが特に混むところは相変わらず)
特に新宿に向かう方向を頭として、反対の一番後ろの車両。女性は避けたほうが無難。

3.ドアの横に立つなど「自滅行為」まず違いなく囲み(検索して:(笑))に会いますわね。
最近はインターネットで一緒に犯行をするメンバーを募集して集まるやつらもおります。
こんな感じ

↓↓↓

「えっと、最初はまず僕がやります、
あなたは僕の横に立って周りに注意してください、
あなたは僕が捕まった時の『彼はやってませんよ、僕見てました』担当でお願いします、
あとは右回りで担当替えしましょう」


なんて会話をしていますよ。本当に。

4.座っているからと言って安心するなかれ。
まずターゲットの女性の隣に座り、新聞をもったまま腕を組んで居眠り(寝たふり)。そして新聞でうまく隠しつつ、組んだ腕の下から隣の女性の腕を…☆
女性は自分の腕の当たりにさわさわと違和感を感じたら隣をチェック。
隣の男の脇の下あたりから王蟲の足のような動きをする指がみれるかも☆
(私は3回ほど見たことがありますわ。おほほ)

同じく、隣の女性が眠っているときは、新聞で自分の片足と、隣の女性の片足を隠すように新聞を広げます。
そして見えないように足をさわさわ…☆
(実際に見たことあり。わざとそいつの前ですっころんで新聞を叩き落とし、女性を起こしてみました)

5.彼らはホームに並んでいるときからターゲットのそばに寄ってまいります。
でね、電車乗車直前に不自然によってくるやつがいたら要注意。
ほんとにねウナギみたいに寄ってくるよ。

6.電車を降りるときも気を抜いてはいけない。
降りる瞬間、前にいる女性の股をつるんと撫でる、瞬間技があります。
びっくりした女性が振り返っても「シラーーーーーーン顔」がもう芸術的。


以前、美輪明宏さんが人生相談で「どうしたらいいでしょう?」という質問にこう答えておられました。



「眉をしっかり描いて、つまりね、メイクをしっかりして、服も派手なのか、キャリアっぽいカチッとしたものを。控えめおとなしそうな女の子してちゃだめよ。あいつらは『泣き寝入りしそうなか弱い子』を狙ってるんだから。
以外とメイクバリバリの渋谷を歩いていそうな女の子って被害にあっていないのよ、騒がれそうだから。」と



確かにこれ、予防対策としてものすごい効き目があります。



それと、乗る前にイメトレも効き目があります。

「さわられたら叫んでやる、顔ひっかいてやる!!!」こう自分に言い聞かせる。



実際にやる必要はありません。




やられたらたたき出してやる、という意識が必要。

混雑した電車の中で犯罪行為をしようとするかたたちのカンはエスパーなみ。
そう意識すると、そのオーラを感じとってよってきやがりません。


この超能力を別の方面に生かしてほしいもんだわ。


で。


悲しいことに池袋発、新宿渋谷方面の埼京線は本当に多い。



が。



警察もバカじゃありません。最近はホームに山のようにカメラがあって一度捕まったやつの顔は厳重に監視されています。
ネットも監視対象。
そういった、その手の掲示板で検索に引っかかってくるやつなんかは、警察も目をとおしていますよ。
わーい(嬉しい顔)

しかし、検索すると本当にいっぱいあるのよね。

女性もやられて泣いてばかりいないで、ちゃんと対策を立てるように。


相手のターゲットの選び方のポイントは決して美人が対象ではない。

「ある程度自分の好みでかつ、泣き寝入りしそうな女」ですから。


たまーにゲーム感覚で「難易度の高い女」(騒ぎそう、超美人、厚着をしてる)などに挑戦してくる猛者もおりますが、そういうのはたくさんのお友達を車両いっぱいになるほど確保していますから注意、注意。

反論は当然あるかと思いますが、少しきつめに書いています。


ちなみに、1.〜 6.はすべて実体験。


決して「嘘ばっかり言うな!!!」ではございませんです。はい。

そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44488668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ