100均、100円ショップで検索された方に。
あまりにご要望が多いので、こちらに専門サイトを作成しました。

ご活用ください。 ⇒100均 ガイド

2016年09月21日

やっぱり日劇でしょゴジラは

シン・ゴジラにはまってからというもの、バカ丸出し。 

せっかくなので、もう一回見ましょうか(誰も聞いていない)

やっぱり、ゴジラと言えば日劇でしょ?
ginzagoji3.jpg

ということで行ってきました。有楽町、日劇。
ginzagoji2.jpg
これは有楽町宝塚劇場のそばにたたずむ従来のゴジラの像。

さて、日劇での凱旋上映は9月16日で終わってしまいましたが、それまでに何とかいけました。
(15日に発声可能上映に行ったことは忘れました)
ginzagoji1.jpg
やはり一度は見ておかないとね、日劇で。

日劇は建て替えられる予定があるようですが、確かに最近の「ゆったりしたシート席」に慣れた人にはちょっときついサイズ。
ginzagoji4.jpg

でも、行ってよかった。
そして現在の日劇、私にとって最後の日劇観劇となろう作品が
「シン・ゴジラ」でよかった。

それにしても、有楽町にあったこのゴジラの像。
ginzagoji2.jpg
いままで「あるなー」とは思っていましたがしっかり見たことが無かったのですが。
しかも1987年に設置されてからずいぶん経っております。
今更ですが、シン・ゴジラにはまったいま、なめるように写真を撮りましたよ(笑)

さて、せっかく有楽町に行ったことだし、シャンテで展示されていたシン・ゴジラのでかいフィギュア写真撮りまくってきましたのでまた別の機会に。


そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画をみたよ

2016年09月20日

Personal Service!

「シン・ゴジラ」のおかげで。

毎日食事を作ったあとかならず

「Personal Service」

といちいち言うようになった、おといけです。

あと、毎朝通勤で
zairaisen1.jpg
山手線と京浜東北線をみるだけで胸アツな日々を送っています。

なんだかんだで3回も劇場に足を運んでしまった。

そして毎日

「シン・ゴジラ」でリアルタイム検索する(病気)

その中で「日本人にとってゴジラは怒りの象徴である」という台湾の青年の分析にはひざを打ちました。
そして日本人はゴジラと「ともに生きる」(ヒーローの矢口蘭堂も言ってたなぁ)存在であると。

まあ「シン・ゴジラ」海外ではあまり理解されないみたいなのでいっそガラパゴスを極め、日本だけで100億行ってほしいですね。
半年くらい上映しっぱなしで(笑)

でも最近、女性の知人が言うのです。
「君の名は。」めえっちゃええのよ。
電車も出てくるよとわけわからんことを(今の私は電車を見ると無人在来線にみえちゃうんだってば)

しかし映画でこんなにあれもみたい、これもみたいとなるのは珍しい。

参勤交代も悪人も面白そうだしな。

ところで池袋は映画館が減ってきているのでどんどん建設プリーズ。
(後先考えない発言)


そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画をみたよ

2016年09月16日

シン・ゴジラ 発声可能上映を観てきたよ

シン・ゴジラ 発声可能上映に行ってきました。

いやあ、私の2016年後半は

「シン・ゴジラ」

に捧げてしまったといってもいいかもしれない。

ありがとう特撮、ありがとうゴジラ、ありがとうシン・ゴジラ。

ああ、私ってやはり特撮好きーーーーーーーーー。

さて、9月15日(木)に行われた発声上映会、当然チケット激戦の新宿では取れず、

ながれながれて桜上水までいってきましたーーーーー!あはは。

半休とりましたが、それが何か?(ひらきなおり)

で、

私が見たかったのは観客の皆さん。

いやー、なれていて面白かった。

100円ショップで買える「光る棒」(サイリウム)

いろとりどりの光る棒をシーンによって使い分ける皆さま。

ゴジラが出れば赤、陸上自衛隊は緑、海上自衛隊は水色、水ドンシーンは水色(笑)

様々に使い分け、盛り上がります。

上映買いが終わり、まっていました上映後の舞台挨拶!!!

泉ちゃんこと泉修一役の松尾諭さんが登場し

「まずは君らが落ち着け!」

で笑いを取りつつ、司会なしに泉ちゃんのまま、まわすとか!

もじもじしている総監督の庵野秀明氏、
尾頭ヒロミ役の市川実日子さんは役のまんま!
安田龍彦役の高橋一生さんはなんとリアルな、ボサボサ頭!!!

市川実日子さんのもじもじ照れっぷりもかわいくて驚いたけど、
のりのり高橋一生さんにもびっくり。

いやあ役になり切ってます。

「自分のシーンではカットされたところがない」

をみずから告白

さりげなく自分上げなところも安田っぽい!!!

こういうのまわりと騒ぎながら見るの楽しいですね。

しかし一番驚いたのは

チケット激戦の新宿の会場のマスコミの多さ。

まえから2列分、全部マスコミだったのでは?

写真撮影で関係者が立ち上がった時の数の多さにびっくり。

あれじゃー、一般ではとれませんーーーーー。

ここから朝の日記に追加。

さて、矢口蘭堂役の長谷川博己がサプライズ登場!!!

かっ・・・かっこいい・・・

くっそー。みんな変な声出ました(笑)

うらやましいぞ新宿。


そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画をみたよ

Powered by さくらのブログ