100均、100円ショップで検索された方に。
あまりにご要望が多いので、こちらに専門サイトを作成しました。

ご活用ください。 ⇒100均 ガイド

2018年02月05日

進撃の巨人Season2を観てきたよ

先日「進撃の巨人」Season2 覚醒の咆哮を見てきました。

ええ、特典がほしくて、

2回も・・・。

リヴァイ兵長のコースター狙いで行ったときは「エレン」でした。
いや嫌いじゃないのですが・・・。やはりリヴァイ兵長がほしかった。

おお、さすが私だ。
CCさくら劇場版のランダム特典で3回も「ともよちゃん」ポストカードになっただけのことはある。
外した・・・。

で。

今度は

ハンジさん狙いで、「手相にギャンブル運が上がる線」を書きこんで入場したところ、

みごと、「ハンジ」さん!!!

これで2018年の運使い切った気がするわ(それかい)

さて、内容は公式サイトで語りつくされているので割愛するとして、

相変わらずみせてくれます。



「人間が最後どうなるか」

「人間の最後がいかにみっともなくなるか」

「人気キャラ、メインキャラでも容赦ない」


これね。

すごいですね。

とにかく主人公は置いておくとして、

メインキャラを消す、ガンガン消す、そして「容赦ない」

私としてはあのキャラだけは残してほしかった・・・。

どうかハンジさんは残してくれぃぇええええ。


とにかくですね、「人間の最後」について本当に考えさせられます。

それと、

私が親なら子供が15歳以上になるまではちょっと避けたいレベル。

やはりね、残酷なんです。

この作品は大人向き、それを改めて理解した、Season2でした。

あ、劇場でご覧になる方に注意。

エンドロールはしっかり見て、そのあとの楽しいおまけシーンを楽しむべし。
だからエンドロールになった瞬間席を立ったり、スマホ広げる人は、いけません。


そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画をみたよ

2018年01月10日

実写版 鋼の錬金術師を見たよ

いろいろな意味で話題だった

実写版「鋼の錬金術師」

公開されてもう一か月ほどになるわけですが、

今だちゃんと上映されているということは、

そこそこの動員数があるのですね、すごい。

ってことで

配布される特典もお目当てだったのですが
(0巻ってやつですwww)

haga1.jpg

行ってきましたー!



さすがに池袋の映画館では特典終わっていたようですが、

新宿ではまだ数か所配布しているところがありますよ、チェックです。

で。

正直実写版ではがっかりすることも多いのでその点も含め、覚悟してみたのですが。

あれ?

まず感じたのは原作内容へのかなりの忠実性とリスペクト。

最初はこのゆっくりしたストーリー展開でいいの?と思うくらい。

まあ、もともとの設定が「日本人じゃ無理でしょ」ワールドなわけで

日本人顔した子供がちょっくら金髪なくらいは脳内のアドレナリン総動員で適当に展開修正。

鎧のアルフォンスはとにかく原作から飛び出したかのようだし、

なにより、




ラスト役の松雪泰子さん




には、1回 5,000円払っても惜しくないほどの完成度

なので

文句言っている暇があったら大画面で松雪さん見て。

写真自体がすごかったけど、大画面で動くと、
色っぽくて胸元素敵で、
刺青が陳腐に見えちゃうくらいだから!


何がいいたいかというと、

今大人の映画観賞券は何の割引もなければ1800円。

この映画は、松雪さんだけでも5,000円の価値があるので、

問題なし。



またマスタング大佐ですが、主役2人に焦点を絞った描き方のため、

コミカルな部分は表現をカットされています。

なので、かっこいいだけのマスタングならこの俳優さんの配役はぴったりだったのじゃないでしょうか。

むしろ、タッカーさんがなぁ。

どうしても大泉洋だった・・・。
どうしても・・・(笑)

もったいないなぁ、ぴったりすぎる俳優さんがいただけに本当にもったいない。

大泉洋さんは強すぎるのよいろいろな意味でwww


とにかくまだご覧になっていない方、ぜひ、大画面で!

追記:
実写版ハガレンの上演決定のおかげで原作の展示会が開かれたり、
アニメがCSで全話放送されたり、
新しいグッズ展開があったりと
原作好きにも本当に、本当に大変おいしい展開でした。

ありがとう・・・(天に向かって)

そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画をみたよ

2017年11月04日

IT イット ”それ”が見えたら、終わり を観たよ

映画公開初日に

ましてやホラー映画を、

観に行ってきました。

一気に二つの「初めて」です。

で。

観に行ったのはホラー作品の巨匠、スティーブン・キングの

「IT」イット。

red_baloon.jpg

あまりにもタイトルが短いので、邦画名では

IT イット "それ"が見えたら、終わり

実はこれ、1986年に原作が書かれ、1990年にTVドラマとして前篇、後編が作成されているんですよ。

で、で、で。

今回はこれのリメイク版。

アメリカでは大ヒットしているということもあるし、
ドラマ版がお気に入りだった私、

興味があったので初日に行ってきたわけです。

あの長い作品がどうなったのか興味津々。

スティーブン・キングといえば、彼自身の子供時代がモデルになったといわれる「スタンドバイミー」の原作者。
子供時代の甘酸っぱさや、清純さ、ずるさ、かしこさ、友情を描かせたらめちゃくちゃいいの!!!

で、しつこいようですが、あの長い作品が2時間程度で終わるのか興味津々。

物語はドラマ版ですと子供時代が前半、大人になってから後半になっているのですがうまくまとまっているのでしょうか?



ん?



いつまで待っても大人にならないぞー(笑)



ん?


エンドロール?


「第一章終」


っておい!やっぱり子供時代と大人時代分けるんかい???



ネタばらしは避けたいのですが、子供時代を踏まえたうえでの『大人時代』をご覧いただくと最後はほんっと、ホラー映画にあるまじきいい展開なんです。

ジーンとくるんです。

ピエロは怖いし、赤い風船も怖い(笑)

でも、

くどいですが、

子供時代を見たうえでの大人編を見ていただくと、

もんのすごくいいはずなのですbyドラマ

あ、でもホラーなんで、めっちゃ驚くしめっちゃ怖いです。

私の隣にいた女性は、3回飛び跳ね、ラスト1回の飛び跳ねでは泣いてました。

スティーブン・キング、お勧めです。


そこのあなた!忘れずにぽちっとしてって♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ ブログランキング

posted by おといけ at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画をみたよ

Powered by さくらのブログ